【FF14ハウジング】地下に男の書斎と彫金師の仕事場を作ってみた

  • URLをコピーしました!

借金までして家を手に入れたものの、ろくにハウジングらしきことをしてこなかったふたり。
話し合った結果、家の地下に寝室とそれぞれの個人スペースを設けることになりました。

その個人スペースを区切るにあたって、採用したのがこれ。

「ホールパーティション」
普通に壁やパーティションで区切ってしまうのはお互いになんだか寂しいということで、真ん中に壁がないこちらを採用しました。なんとなく設置してみたんですが、カウンター部分に物も置けてかなり使い勝手が良いのでオススメ。ハウジングエリアのよろず屋で買えるのもポイントが高いです。

ちみたろ

調理場と組み合わせるとカウンターキッチンっぽくなるので、お店のような作りにしたいときにもオススメです

というわけでホールパーティションを使って、階段を下りたところから僕・共有・彼女と3つのスペースに分けました。真ん中の共有エリアはベッドやチェスト、ほかクエストの報酬アイテムなどを飾る場所として使用することに。

ちみたろ

ベッドはどんなのがいい?

ゆぴ

モーグリがいい!

知らない間にモーグリにハマっていた彼女のリクエストに応え、マケボでモーグリベッド購入
さらに照明としてスターシャンデリアも購入。このふたつだけでかなり高い買い物になりましたが、寝室はかなりいい感じになったのではないでしょうか。

続いて、個人スペース。
クラフターのなかで好んでレベル上げしているのが「錬金術師」「彫金師」だったので、なんだかそれっぽい「錬金術師の書斎」「彫金師の仕事場」を作りたいなあ、と思いました。

とりあえず錬金術師=頭良い=本をたくさん読むというイメージで、背の高い本棚「ウォールブックシェルフ」を大量に購入。そして床に「崩れた蔵書」と「山積みの蔵書」を設置すれば、あら不思議。

ちみたろ

簡単になんだか頭の良さそうな部屋になります!

ゆぴ

頭の良さそうな部屋って言葉があれっぽい……

ちみたろ

崩れた~と山積み~の蔵書はふたつともハウジングエリアのよろず屋で買えるのが嬉しいよね!

ちみたろ

この蔵書の山は部屋の隅や暖炉の前などにクッションやソファーと並べて置くよりも、本棚と平行にして並べたほうがリアリティが出て良いかなって思います!

続いて、デスク。
なかなか種類の多い家具ですが、僕のなかでは「対竜要塞の指揮机」一択でした。この重厚さが男の書斎って感じで最高です。また原色のままだとやや色が明るすぎるので、チェストナットブラウンで染色すると渋さが出ていい感じに。

合わせる椅子ですが、店売りの「ラノシアン・ソファー」。リッチ感が出てて良いと思います。また葉巻を置いているサイドテーブルは「カルトニエ」。これも染色できるので、デスクと色を合わせるといい感じになります。

机の上はこだわっているように見せかけて、雰囲気の出そうなものを片っ端から購入して置いているだけです。それでも形になってしまうのがFF14ハウジングの凄いところ。大半が店売りなので、簡単に真似できると思います。

また、僕はヒーラーメインなので、薬の調合などもここで行っているイメージで作りました。
自分の好きなジョブ・クラスのイメージに合った部屋を作るのはかなり楽しいので、「ハウジング始めたいけど部屋のイメージが沸かない」という方は是非そこからやってみてください。

ゆぴ

あ、コーヒー!

ちみたろ

飲むとなくなっちゃうからやめて!

続いては仕事場。
といっても「ゴールドワークベンチ」を置いただけですが……細かいところまで作りこまれていて、大好きな家具です。ただしマケボに数が出回らないので、高い買い物になりますがその価値はあったはず。

しかしそのままだと椅子がないので、店売りの「シュラウド・スツール」を設置。意外と自然な仕上がりになりました。レベルが上がってくるとこの手のクラフター用家具はあまり恩恵がないかもしれませんが、今回は快適な仕事場作りが目標なので必須となります。ハウジングは基本的に機能よりも見た目重視です。

というわけで、ようやく光のお嫁さん計画 ハウジング編のタイトルに沿った内容となりました。

彼女のスペースに関しては時間を見つけてちょこちょこいじっているようなので、紹介はまた後日。
次は1階部分をご紹介していきたいと思います。そのあとは庭ですかね……

ちみたろ

ちなみに家は公開しておりますので、ManaDCの方は良ければ遊びに来てください!

住所はMasamuneサーバーのミスト23区11番地となります。
玄関入ってすぐのところに「メッセージブックスタンド」を置いておりますので、お越しの際は、よろしければなにかひとこと残して頂けると喜びます!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次