【FF14 光のお嫁さん計画】蒼の竜騎士とイシュガルド防衛戦

  • URLをコピーしました!

アシエン・ナプリアレスを撃退したと思いきや、ついにドラゴン族の一斉侵攻が始まります。
さらに山の都イシュガルドは異端者たちに魔法障壁「ダナフェンの首飾り」を破壊されてしまったうえ、頼りの三都市からは大規模な援軍は送れないと通達され、絶望的な状況に陥ります。

数々の戦功によりエオルゼアの守護者と呼ばれるまでになった主人公は、イシュガルド神殿騎士団総長たるアイメリク本人から「個人に向けた援軍要請」を受けることに。なんという出世……

そして、ここで蒼の竜騎士ことエスティニアン初登場。
えすてぃにゃんではない。

アルフィノにとって人生観を変える人物であることはまだ先の話。
というか、もう初期のスカしてた頃とはまったくの別人にまで成り果てるんですよね……

それはさておきアイメリクと別れ、アルフィノとふたりウルダハでのエオルゼア軍事同盟会議へ。

結局三都市からの援軍は叶いませんでした。それも当然と言えば当然で、三都市はそれぞれ内政でゴタゴタしているうえに、イシュガルドはエオルゼア軍事同盟を抜けたのち長く鎖国していて、帝国との戦いにも参戦しませんでした。三都市の代表からすれば、自分たちのピンチにだけ助けを求めるのは都合良すぎ……って感じでしょうね。

それでも主人公は志願したわずかな冒険者を率いてイシュガルドの防衛に駆け付けます。
もはやこの時点で熱いし、既にイシュガルドの英雄かもしれない。

ちみたろ

うおおおお! イシュガルドを守るぞ!

ゆぴ

どうしてそこまで……

ちみたろ

この先のストーリーやれば分かる!

まずはクルザスのあちこちに出現したドラゴンを薙ぎ倒します。
続いて、イシュガルドの玄関「雲廊」の防衛に回ります。

雲廊とは「大審門」と呼ばれる門をくぐった先にある長大な石橋のこと。単にイシュガルドまで雲海を渡るための橋ではなく、ドラゴンに突破されてはならない絶対防衛線でもあります。

ドラゴン族からすれば雲廊さえ突破すれば後はほぼフリーでイシュガルドの都へなだれ込むことができるので、絶対に落としたいところ。邪竜ニーズヘッグの眷族である、超大型のドラゴン「ヴィシャップ」が出現します。

ゆぴ

怖い! デカい!

ちみたろ

敵の前進に合わせて進みながら攻撃しよう!
あまり敵の足元に近づきすぎないよう気を付けて!

もし踏まれたら……

ゆぴ

痛っ!

ちみたろ

めちゃくちゃ痛いからね……
ちなみにお腹の下が安全だよ!

ゆぴ

なんかバリスタ? とかあるけど……

ちみたろ

対竜兵器は無視しても大丈夫!
プレイヤーが殴り続けたほうが強いからね!

これまでになかったフィールドを移動し続ける巨大ボス戦ですが、即死級のギミックもなければ、ヴィシャップ自身はプレイヤーを狙った攻撃をしてこないので、慌てなければ簡単にクリアできます。

ゆぴ

慣れたら楽しいかも!

ちみたろ

巨大なドラゴンとの戦闘、しかも防衛戦って熱いよね!

個人的にはヒーラーもどんどん攻撃に参加しなければならないステージなので好きです。

やがてヴィシャップの体力を削り切り……

ちみたろ

イシュガルドを守ったどー!

ゆぴ

おー!

最初の大規模侵攻を防いだだけではなく、ニーズヘッグの眷属のなかでも力を持ったヴィシャップを退けたことで、ひとまず当面の危機は去ったことになります。

またほぼ形式だけとはいえ三都市から援軍を受けたことで、アイメリクを筆頭にイシュガルドが開国しエオルゼア軍事同盟へ再度加入するという未来が現実味を帯びてきました。

しかし蒼の竜騎士は、まだ一時的にドラゴンの侵攻を凌いだに過ぎないことを察していました。
イシュガルドの脅威はこれからが本番であると……

ちみたろ

もうすぐ長かったエオルゼア編も本当に終わりだよ!

ゆぴ

長かった……ほんとに……

ちみたろ

ちなみにイシュガルドの防衛成功を祝して、パーティーがあるよ!

ゆぴ

ほんとう!?

ちみたろ

うん……物語が大きく動くイベントだから楽しみにしてて!

ゆぴ

わーい! 楽しみ! みんな来るの?

ちみたろ

暁のメンバーみんな一緒だよ!

毎度のごとく、嘘は言っていません。

次回、新生エオルゼア編ファイナル・ラスト・フィナーレ。


つづく。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次