【FF14 光のお嫁さん計画】イシュガルド戦勝祝賀会と希望の灯火

  • URLをコピーしました!

ウルダハにてイシュガルド戦勝祝賀会が催されるとのことで、早速御呼ばれにあずかったふたり。

その前にクリスタルブレイブの隊員であるウィルレッドが不審死を遂げたり、

主人公が怪しい荷物を拾わされたりと不穏な動きがありますが、国家にとって重要な席なので参加することに。

また今回はめずらしく暁の全員参加が義務付けられており、メンバーは現地集合。

ちみたろ

ごちそうが待ってるど!

ゆぴ

楽しみ!

まあ、楽しいパーティーなんてものになるわけもなく。

ナナモ陛下がふたりきりで話がしたいという呼び出しを受け、私室を訪れる主人公。そしてナナモ陛下からウルダハ王朝の幕を閉じ、民のものとして生まれ変わらせるという決意を聞かされます。

それによってウルダハ国内は混乱するでしょうし、なにより衝撃を受けるのは彼女の右腕であるラウバーンでしょう。彼女はそのことを案じ、英雄と呼ばれ始めた主人公にラウバーンを支えてほしいとお願いします。

ちみたろ

よく分かんないけど英雄にまかセロリ!

ゆぴ

まかセロリ!?

ちみたろ

画面に集中して!
ここからストーリーが大きく動くんじゃから!

ゆぴ

まかセロリ……

主人公が申し出を快諾したことで、安堵した表情を浮かべるナナモ陛下。
まだラウバーンにも話していない覚悟を主人公には打ち明けるなんて、信頼の高さが伺えます。

そして彼女は目の前のゴブレットを掲げ……

その中身を口にします。

涙を流して苦しみ、倒れ伏すナナモ陛下。

ゆぴ

え、え、え、なに!?

ちみたろ

あ、あ、あ……

不意を突かれて混乱する彼女をよそに、図ったようなタイミングで砂蠍衆のひとりテレジ・アデレジ部下を率いて駆け付けます。そして主人公はナナモ陛下暗殺容疑で拘束されてしまいます。

またその一方で、アルフィノも裏切ったクリスタルブレイブ隊士たちによって拘束されます。
さらにレヴナンツトールにある石の家も抑えられてしまったとのこと。

ゆぴ

え、なに? どういうこと?

ちみたろ

パーティーが始まっちゃったねえ……

ちみたろ

策略のな!

ゆぴ

!?

そう、すべては仕組まれていたことでした。
主人公、そして暁の血盟メンバーはまんまとはめられたわけです。

主人公、そして暁に大恩があるイシュガルドは退席を促されて(ドラゴンの侵攻があったと報告を受けた)従っているうえ、ほかグランドカンパニー盟主達も現場がウルダハ国内であるだけに動くことができません。

ナナモ陛下暗殺の真相を瞬時に見抜き、激昂したラウバーンはテレジ・アデレジを切って捨て、続いてロロリトへ切りかかりますが、そこにクリスタルブレイブの隊士であるイルベルドが横入りします。この攻撃によりライバーンは左腕を失うことに。不利を悟ったラウバーンは冷静さを取り戻し、主人公と暁メンバーの拘束を解きます。

これでエオルゼアの救済を担う一味から一転、追われるハメに……
逃げろと言われてもここは完全に敵の本拠地。簡単にはいきません。

ひとり、またひとりと、犠牲になるかたちで逃げ落ちます。
そう、すべては暁という希望の灯火を守るため。

ゆぴ

みんな死んじゃうの……?

ちみたろ

そうだよ。僕たちを逃す為に犠牲となったのだ……

※これを読んでいる方は「え?」となったと思いますがお付き合いください。

ゆぴ

そんな……こんなことに……

ちみたろ

許せないよな……僕たちがどこのだれよりもエオルゼアの為に働いてきたっていうのにこの仕打ち……

ゆぴ

許せるかなこのこと!

ちみたろ

そうだそうだ!

ゆぴ

むなくそわるい!

ちみたろ

そんな言葉遣いはじめて聞いた……

やがてとうとうミンフィリアとふたりきりに。
そして次は私の番だとばかりに、ミンフィリアが残ります。

メンバーの思いを託された主人公の運命とは。

次回、今度こそ新生エオルゼア編ファイナル・ラスト・フィナーレ最終回ジ・エンド。

ゆぴ

もうわけがわからない……

つづく。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次