【FF14 光のお嫁さん計画】ラウバーン奪還作戦と、旅の仲間

  • URLをコピーしました!

前回文明的な決闘裁判にて無事にアルフィノとタタルさんの無罪判決を勝ち取ることができました。
その後はイシュガルドの教皇トールダン7世との謁見があったり、

処刑されるという情報を得て、ラウバーン局長を救出したりと大忙し。

ちみたろ

この手の潜伏シーンで毎回思うけど
ララフェルだとしゃがむ必要なくない?

ゆぴ

一理あり……

ちなみにここへ来る途中、良さげな遺跡を見つけて遊んでいたのは局長には内緒。

いつだったか、蒼天のイシュガルドはアルフィノの成長物語であると話したことがあります。

新生エオルゼア編の最後では一夜にしてすべてを失ったかに思えたアルフィノでしたが、主人公らの支えによって絶望の淵から立ち上がり、ずいぶんと前向きになりました。まるで別人になったかのよう。

というわけでなんやかんやあって、無事にラウバーンを救出に成功しました。

ゆぴ

ええっ、ナナモ陛下生きてるの!?

ちみたろ

そういえば信じさせたままだったな……

ちみたろ

えー、あのナナモ陛下が生きているなんて!
知らなかった!

ゆぴ

…………

ちなみにイシュガルドに入った当初のとき、彼女は暁のメンバーが本当に死んだと思っていました。

そのままのほうが面白いと思ったので黙っていましたが、間を置かずしてスクエニ公式がヤシュトラ新衣装のフィギュア発売開始をツイートしたせいで「死んでないじゃん!」とバレました。やってくれるぜ吉田。

そしてウルダハの問題がひとまず解決したところで、再びイシュガルドへ。
なんでもドラゴン族に大規模な動きがあり、再び皇都襲撃の恐れあり、とのこと。

イシュガルドは氷の巫女イゼルによって魔法障壁を破壊されてしまった為、今後さらなる大規模な侵攻を受けたら流石に持たないのではないかという話。フォルタン伯爵はイシュガルドからの避難を勧めてきます。

ちみたろ

閣下、なにをおっしゃいます! 行き場のない我々を温かく迎えてくださった大恩、いまこそ返すときです!

ゆぴ

!? なりきってる……

ちみたろ

イシュガルドの為とあらば、あなた方と共に戦い、共に死にましょう!

ゆぴ

ウルダハとかほかの国は?

ちみたろ

知るかそんなの!

ゆぴ

…………

しかし現実的に考えて、イシュガルド防衛は難しいので、邪竜ニーズヘックの眷属らによる侵攻を止める必要がある。そこでなんとか交渉による停戦が望めないか、という話になります。

そんな話をしているところに、蒼の竜騎士エスティニアンが合流。

千年以上も戦い続けてきたドラゴンと対話による直接交渉。
生粋のイシュガルド人からは絶対に生まれないであろうアルフィノの発想に、エスティニアンも興味を持った様子。

次に異端者同士の連絡手段を突き止め、氷の巫女イゼルと会合。

ドラゴン族との停戦交渉に臨むにあたって、かつて竜と対話したことのある人間はいないかという話で、真っ先に名前の挙がったのがイゼルでした。蛮神召喚によって彼女の宿した「シヴァ」は、七大天竜の一翼である「フレースヴェルグ」と種族を越えた愛を結んだ唯一の人間です。

これで旅の仲間が揃います。
主人公を含めたこのこの4人が、イシュガルド編において重要なメンバーとなります。

ちみたろ

やっとこの4人が揃った!

ゆぴ

???

彼女からすればまだ馴染みのないメンバーですが、蒼天のイシュガルド編、いえFF14というシリーズを通してもこの4人の旅路は人気が高いストーリーだと思います。今後の反応に期待。

つづく。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次