【FF14 光のお嫁さん計画】彼女にハウジングエリアを案内してみた

  • URLをコピーしました!

花咲くラベンダーヘッド。
言わずと知れたグリダニア領のハウジングエリアで、リムサのミスト・ヴィレッジに次いで二番人気です。

当然、こんなところへきてもハウジングはできません。FF14には土地争奪戦と呼ばれるものがあるくらい空地不足ですし、そもそも土地と家を買うのに膨大なお金が必要だからです。言うまでもないことですが、先日キャラクターを作ったばかりの僕たちにそんなお金はありません。

それなのに何故こんなところへ彼女を誘ったのかといえば、
メインクエストをひたすらクリアしていくのは飽きが来るからです。


ゲームに興味がなくPCすら持っていない彼女にFF14の楽しさを伝え、一緒に冒険することでなんとかFF14にハマらせようと奔走する『光のお嫁さん計画』。彼女がゲームに飽きないように楽しんでもらいつつ、新生エオルゼアを何とかクリアすることを当面の目標としました。

ゲームに慣れている人ならとにかく最速でメインクエを終わらせる手法が一番でしょう。しかしジョブクエをこなすのが苦痛そうだったり、ひとりではろくにクエスト受注もままならないような彼女に、その手法はツラいことが分かりました。彼女のモチベ維持作戦を定期的に挟まねばなりません。

ちみたろ

ようするに、メインクエの寄り道だね!

その第一弾として僕が考えたのが、ハウジングエリア観光
冒頭で触れたラベンダーヘッドに寄り道することにしました。

ゆぴ

なにここ! きれい!

まだ桟橋に降り立ったところなのに、彼女は早くも嬉しそう。
あちこちに建っている家に関しても興味津々の様子。

ちみたろ

連れてきて良かった

ゆぴ

この家は誰が建てたの?

ちみたろ

ほかのプレイヤーだよ!

一言でハウジングと言ってもゲーム初心者である彼女には伝わりません。

ちみたろ

プレイヤーが土地と家を買って、好きにいじることが出来るんだ!

ゆぴ

はえ~

おしゃれ家具や観葉植物の好きな彼女にとって、ハウジングは間違いなくハマる要素。
実際、メインクエをこなしているときとは別人のようにあちこち動き回っています。

名前も知らぬどなたかの家に入ってゆき、色々見学するほど(すみません)。

ゆぴ

見て見て、お風呂があるよ!

ちみたろ

FF14は内装をかなり細かく作れるんだ。
自分で家具を作ることもできるんだよ。

ゆぴ

すごーい、これがベッド!?

ちみたろ

滅茶苦茶はしゃいでる

お家は買えませんが、本当に連れてきて良かった。FF14にはギャザラーやクラフターなんかの戦闘職以外のクラスと、楽しみ方があるってことを存分に伝えられたと思います。

そう、戦闘だけがFF14じゃない。
まるでこの世界に生きているかのように楽しめる要素がたくさんある。
だからFF14は楽しい。

ちみたろ

そういえば言ってなかったけど、泳ぐこともできるよ

ゆぴ

ほんと!?

ちなみにリアルの彼女はカナヅチですが、それはさておき。

ラベンダーヘッドには綺麗な滝と、透き通った湖(川?)があります。
今回は、おもむろにそこへダイブ。

そして岩に上がって、SS撮影。


寄り道らしくなってきました。
そのとき、ふと彼女がこんなことを言いました。

ゆぴ

釣りとか出来たらいいね~

ちみたろ

……あるよ(ドヤララ

次回、釣りデート編。

メインクエ? そんなの知りません。


つづく。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次